01年7月22日 : 苫小牧 白鳥アリーナ


 私の主役、須藤選手が一緒にベンチの中にいる。もー、今日こそは写真を撮ろうと思っていたのに!!でも、怪我が大したことなくて良かったですよ、まったく。

 今日のトピックスは、あのカメラマンの清水一二(しみず かずじ)さんが来ていたことでしょう。いやー、生で見ちゃった。しかも、カメラまで持たせてもらっちゃった。残念ながら、重たすぎてファインダーは覗けませんでした...。
 このカメラ、ファインダーの中の静止しているものは無視して、動くものだけにピントを合わせ続けるのだそうです。
 「これを言うと、腕がいいんじゃなくて、カメラがいいんだねって言われます。」
とおっしゃってました。 

午前の練習後
清水さんのカメラ

 午前の練習後、清水さんは馴染みの選手達と歓談。いつの間にやら、アルペンの哲っちゃん、こと田中哲也選手も合流したりして。左上の写真は、田中哲也、加藤正、丸山 和夫、清水一二の各氏。右上は、清水さんのカメラ。NIKONのF5で、モータードライブ付き。望遠だし、ほんとに重たかったのです。
  ちなみに、私が普段使っているのは、NIKONのF2フォトミックA。だけど、リンク内では撮影が難しいので、PENTAXのMZ−10を持参しています。デジカメはNIKONのCOOLPIX900です。
 私は、写真を撮りながら、ミツや羽田野さんたちとおしゃべりしながら、ES (エンジョイスレッジ)の会の雑用なんぞもお手伝いさせていただきました。何でもやるよ〜!

 さて、いい加減にお腹がすいたので、清水さんと哲っちゃんと、ESの会の会長・川村さんと一緒に、清水さんのレンタカーに乗って、ラーメンを食べに行きました。おいしかった。色んな話をしましたが、何を話したんだっけ???おっとりしているけど、なかなかやり手の川村さんといい、正体不明の私といい、清水さんはきっと、北海道には変わったヤツが多いなと思ったことでしょう。

 アリーナに帰ってきた私は、川村さんの軽自動車に送られて、バス停へ。もう帰らなきゃ。札幌−苫小牧って、汽車よりバスの方が便数が多くて早いのです。懇親会に出られなくて残念でした。


サポーター日記のトップへ戻る