02年4月28日 : 札幌 星置


 パラ後、初めての練習参加(といっても、見学)。ちょっと遅れて着いてみると、氷上に監督をのぞいて、7人いる。おお、福元@道新さんも乗っている。アルペン選手である、田中の哲ちゃんも来ている。そして、けっこう体格の良い見学者が1人。期待できそうかな?

 健常者半分とは言え、8人いると、練習も形になる。もちろん、本来の体制でゲーム形式の練習をするには、まだ遠い。とにかく、人を増やそう! 6月には2回、体験講習会を開くという。広報しなくては。

 須藤さんから人が足りないという話を聞いて、記事にしようと、朝日新聞の女性記者が、取材にやって来た。練習中は、リンクの傍に私しかいないので、記者の人は、リンク内にいる馴染みの選手などに軽く会釈をした後、まず私に声をかける。難しいことはわからないが、一般的な世間話のような感じで、情報提供をする。いつものことだ。

道新の福元記者(手前)

  道新の福元さんは、ソルトレーク・パラの後、自らスレッジに乗るようになった。自分に合わせたスレッジではないし、ほんの数回も乗っていない割には、いい筋をしていると思う。思い切りがいいというか、職業柄か、物怖じしない。
 何度か横転して、肘を打ったのが痛いらしく、「次回までに防具を調達する」とのこと。 


 さて、羽田野さんから、今日も「写真に撮って貰いたいものがあるんですよ」と、自己申告があった。1,980円の(自転車の)サドルを買って分解し、スプリングを2つ、フレームとバケットの間に入れてみたのだという。
 もともと、フレームとバケットが直接、ネジで止められている部分を利用するので、どのバケットでも、すぐにできるのだそうだ。

スプリング付きスレッジ(横)
スプリング付きスレッジ(後ろ)

 

 乗ってみた感想は、「悪くない。いいかもしれない。」

 ただ、重心が高くなるので、ターンなどのキレが悪く、スピードが若干落ちるらしい。ビヨンビヨンと、飛び跳ねることもできる。(そんな必要ないんだけど)変なの。
  そもそも、どういう発想(ニーズ)で、スプリングを思いついたんだろう? 私ったら、肝心なことを聞き忘れた。衝撃の吸収かな? ターンするときの、左右のバランスかな?


サポーター日記のトップへ戻る