03年3月6日 : 八戸ジャパン・パラリンピック


【後発隊 出発の巻

 

 「後発隊」とは、いわゆる合宿には参加できないが、ジャパラには参加する...というメンバーのことである。ちなみに、ベアーズからは先発隊として、須藤・中井・羽田野の3名が既に合宿で合同練習などに参加している。

 後発隊は、6日の21時15分・苫小牧発のフェリーで、翌早朝、八戸に到着予定であった。一応、集合は2時間前の19時15分。
 札幌市内組は、リュック君の車で、まとめて移動することになっており、18時半に札幌義肢前集合。私が信号待ちしていると、タクを乗せたリュック車がタイミングよく到着。まもなく、土井君もやって来た。

川村さんと見送りの植村君

「やっぱ、決め手はゴーリーだよね」

「いや、ディフェンスあってのゴーリーだから」

「...」

だんだん寡黙になっていくリュック君。胃痛が痛い...とか、訳のわからないことを言い出した。車内は、なぜか緊張感が漂っている。ま、頑張れよ。(他人事)

 駐車場を探していると、ヒロから電話。今まだ、北広島だという。(遠隔地の方は、地図をご用意ください) あと30分〜1時間というところか。
  釧路からはるばるやって来た高瀬コーチと駐車場で合流。その後、見送りの植村君、同行の大村監督と川村@勝兵衛さんとターミナルで合流する。


【飢えた男たち

 

 それぞれ職場から直行なので、みんな飢えていた。食べ盛りというには少々おこがましい年齢だが、スポーツマンだし、お腹すくのよね。
 気付いたら、レストランにラーメンを食べに行ってしまってた。飲んでるのか?飲んでないな?

...私?もちろん、食い物・飲み物持参に決まってるじゃん!船旅の基本よ、基本。船の一等個室で、ゆっくり食べるのさ。あげないよ。私の分だから。

ゲームに興じる土井君  調子よくゲームをしている土井君。こんなところで運を使うんじゃねぇっつの。

遅れていたヒロもやって来て、早速レストラン組に合流。あんたねー。

...そろそろお時間です。夜遅く、見送りに来てくれた植村君にお礼をいい、みんなで乗船する。


【苫小牧を出航

 

出航前、窓から外を眺める川村さん

 行きは一等個室。大学寮を彷彿とさせる4人部屋の2段ベッド。(大学の名誉のためにいうと、部屋はもっともっと広いし、クローゼットと机が4個あり、それを3人で使ってた)

 窓を眺める、哀愁の川村さん。

 そこから、川村さんと2人でプチ宴会が始まった。とはいっても、晩ご飯である。

  川村さんは、選手達がきっと夕食も食べるヒマがないだろう、とコンビニのおにぎりと、とんかつを背負ってきた。本当に、この人はスーパーかあちゃんです。私は自分の買ってきたパンと、お茶、そして勝兵衛のトンカツ&野菜をほおばり、もう自分はお腹いっぱい♪というところで、残りを野郎軍団に差し入れすることにした。


【控えめに酒宴...のはずが

 

 なんたって到着は4時15分だかんね。揺れてもイヤだし、早めに薬を飲んで寝逃げするはずだったが、予想通り、レディースルーム(というのもおこがましいか)にも呼び出しの電話が。コーチや監督も顔を出すという。

「仕方ない...監督も行くなら、アレを出すか」

 今回は、ある持参の品のため、荷物がやたらに重い。えっちらおっちら持ってきた、監督への献上品。久保田か司牡丹にしたかったけど、店になかったので八海山にしてみた。
 さすがにその晩は開けられなかったが、どこかで消費されたのだろうか???

メンズルームで酒宴 気合いが入りつつも、プレッシャーかかりまくりの面々。特に、写真には写ってませんが、リュック君、かなりきてます。

 午前零時になったので、散会となった。シンデレラのように川村さんと部屋に帰ってきた。が、もう一度出ていった川村さん、帰ってこないなぁ...と思いながら、支度をし、すっかり寝てしまった。

 噂によると、ロビー周辺で2時半くらいまで数名がたむろしていたらしい。あんたたち、試合当日やっちゅうねん!アルコールが入ると寝られないお子ちゃまが多い。試合前の自己管理&自律が今後の課題である。


翌日に進む>>


サポーター日記のトップへ戻る